脇の黒ずみは最悪!美白化粧品で解消する?

脇の悩みの一つに黒ずみという厄介な悩みがあり、脇の下を露出する服を着る季節や水着を着るときなどは特に気になって悩まされてしまいます。

そうした人の中には脇の黒ずみに美白化粧品を使用しようとしている人もいるのではないでしょうか。

では、脇の黒ずみは美白化粧品で解消できるのでしょうか?

それは不可能ではありませんが、美白化粧品を使用すると白斑の危険性があるのです。

美白化粧品の中にはハイドロキノンという美白成分が配合されているものがあります。

ハイドロキノンはメラニンを作り出すチロシナーゼという酵素の働きを抑制しますし、メラノサイトを減少させる効果がありますので黒ずみを薄くすることができる成分です。

しかし、ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほど強力な美白効果がありますので、それだけ強いということは副作用もあります。

その副作用に白斑がありますので危険性が高いのです。

では、美白化粧品以外で脇の黒ずみを解消できるのでしょうか?

それは専用のクリームを使うことで脇の黒ずみを解消できます。

専用のクリームとして多くの女性に使用されているのがアットベリーという黒ずみケアクリームです。

アットベリーは独自のトリプルサンド方式ケアを採用していますので、黒ずみを解消しながら保湿ケアや臭いケアもすることができます。

また、美白化粧品とは違って白斑などの副作用がありませんので安心して使用することができるでしょう。

脇が黒ずみのはなぜ?

脇の黒ずみは普通の日常生活にもあり、衣類による摩擦やムダ毛の自己処理、体を洗う時の刺激や乾燥などが挙げられます。

腕を動かすだけで脇の下では摩擦が起きますし、体に密着した衣類は摩擦しやすくて静電気も起こしやすくなります。

その摩擦や静電気が肌を刺激するとメラニン色素が発生し、それが色素沈着して黒ずんでしまうことがあります。

それに、摩擦や刺激などから皮膚を守ろうとして脇の下には脇毛が生えてきます。

この脇毛を処理するときにカミソリや毛抜きなどを使用し、肌に大きなダメージを与えて強い刺激となってしまいます。

この時に体は防御反応を起こして肌を守るためにメラニンの活動を活発にさせて黒ずみの原因になるのです。

また、脇の黒ずみを綺麗に使用と体を洗う時にゴシゴシ洗いすることもありますが、これも強い刺激となって脇毛が生えやすくなりますし、メラニンの生成が活発になって黒ずみの原因になってしまいます。

また、ゴシゴシ洗いによって皮脂を必要以上に取りすぎることで乾燥し、バリア機能が低下して刺激やダメージを感じやすくなって結果的に黒ずみやすい肌になってしまいます。

このようなことからも分かるように、黒ずみの原因は何気ない日常生活の中にもありますので気を付けておきましょう。

最短で解消する方法は?

気になる黒ずみは誰でも早く解消したいでしょう。

できるだけ早く解消して黒ずみを気にしない楽な生活を過ごしたいですよね。

そのためには黒ずみケアクリームを使用すると良いのですが、その黒ずみケアクリームでもアットベリーが多くの女性に人気を集めて使用されています。

アットベリーは肌の表面だけではなく内部にも浸透して集中ケアすることができ、更に保湿成分で保護バリアをつくって乾燥を防いだり刺激や摩擦から守ってくれます。

このようなアットベリーを毎日欠かさず使用しながら、脇の下を綺麗に洗って清潔を保ち、できるだけ摩擦や刺激を与えないようにすることも大切な事です。

それに、女性なら誰でも脇毛は気になってしまいますが、自己処理には十分注意しておき、できることなら脱毛サロンで処理してもらうのが良いでしょう。

黒ずみができた肌は美白化粧品で治るのか?

肌に黒ずみができていると、何かと気になってしまいますよね。
ひじ・ひざ・わきなど、黒ずみができやすい部分はいくつかあります。

白いお肌を保つための美白化粧品は薬局やドラッグストアで購入することができますが、肌の黒ずみも白くすることができるのでしょうか?

美白化粧品は、あくまで肌が黒くなることを防ぐためのものです。
肌が黒くなる原因のひとつとして、メラニン色素の沈着が挙げられますが、美白化粧品にはメラニン色素の沈着を抑えるための成分が配合されています。
しかし、もともと黒い肌を白くするための成分が多く配合されているわけではないので、肌にできてしまった黒ずみを白くすることは難しいでしょう。

美白化粧品で美白を目指す場合には、肌が黒くなる前から、予防として使用しておくことをおすすめします。

すでに肌にできてしまっている黒ずみを白くするためには、専用のクリームなどを使用すると良いでしょう。
黒ずみを解消するための成分が配合されているものであれば、効率的に黒ずみを目立たなくしていくことができます。

夏場や温泉などで気になってしまう肌の黒ずみは、集中的にケアをして綺麗にしてしまいましょう。

美白が叶う成分とは?

肌に黒ずみができてしまう原因は、乾燥肌や衣服の擦れなどによるダメージである場合が多いです。
黒ずみができている部分はデリケートな状態になってしまっていることが多いので、丁寧にスキンケアを行っていくことが大切になります。

デリケートな肌をケアするためには、肌細胞を活発にさせる成分・肌の潤いを保つ成分・肌を綺麗に保つ成分を補うと良いでしょう。

プラセンタなどの成分は、肌細胞を活性化させて、新陳代謝を活発にすることができます。

新陳代謝が活発になると、新しい肌に生まれ変わらせることができます。
肌の生まれ変わりが繰り返されることで、黒ずみを少しずつ薄くしていくことができるでしょう。

また、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を補うことで、敏感になってしまっているデリケートな肌を刺激から守ることができます。
肌を保湿して潤いを与えることも、新陳代謝を活発にすることにつながります。

シワ・シミやたるみを予防することもできるので、年齢を重ねても綺麗な肌を保つことができるでしょう。

さらに、肌の炎症を抑える成分であるグリチルリチン酸や植物エキスなどを摂取することで、黒ずみを解消することに効果を得られるでしょう。

黒ずみは皮膚科で治る?

肌の黒ずみは、丁寧なスキンケアを続けていくことで、少しずつ解消していくことができるでしょう。
しかし、できるだけ早く黒ずみを治したいと思っている人もいるでしょう。

肌の黒ずみは、皮膚科で相談することで治療してもらうことができます。1日でも早く黒ずみを解消したいという人は、皮膚科で相談してみることで、効率的に治していくことができるでしょう。

皮膚科での黒ずみ治療は、塗り薬による治療・レーザー治療・ピーリング治療などがあります。
黒ずみの状態を医師に見せることで、自分に合った治療方法を選んでもらうことができるでしょう。

塗り薬による治療では、美白効果が高いとされるハイドロキノンやトレチノンを処方してもらい、黒ずみが気になる部分に塗っていくことになります。
ムダ毛処理や乾燥による刺激でメラニン色素が沈着してしまった黒ずみに効果的なので、わきの黒ずみを白くすることに効果を発揮するでしょう。

わき以外の黒ずみを解消するためには、レーザー治療やピーリング治療が効果的かもしれません。
何度か病院に通わなければいけませんし、自分でケアをするよりもお金がかかってしまいますが、時間をかけずに黒ずみを治していくことができるでしょう。

脇の黒ずみは衣類の繊維が原因かも!注意すべきものとは?

特に何もしていないのに脇が黒ずんでしまった!という方もいるでしょう。

カミソリなども使っていないのに…と、ほかに思い当たることがない方、もしかしたら衣類が原因で黒ずんでいる可能性があります。

脇の黒ずみはカミソリなどの刺激だけで起こるとは限りません。

いろいろな原因はありますが、中でも衣類による刺激も脇の黒ずみの大きな原因となっている場合があるのです。

衣類が原因となる場合特に注意したいのが衣類に使用されている繊維の種類です。

特に注意したい繊維には化学繊維であり、レーヨンやアセテートのほか合成繊維でもあるナイロンやポリエステル・アクリルなどが挙げられます。

これらの繊維を使用している服はとても多ですし、今となっては定番の繊維ではないでしょうか。

シワにもなりにくいですし、自宅でも洗濯が可能ということもありとても便利な繊維なのですが、脇の黒ずみの原因となってしまうため着用の際には注意が必要となります。

他にも天然繊維の麻も注意が必要となる場合があり、動物繊維では羊毛なども注意した方が良いと言われています。

何気なくきている服ですが、あまり繊維には注目しないという方も多いのではないでしょうか。

ですが注意しなければ脇の黒ずみに原因となる可能性もあるので、一度自分の服も見直して綿や絹などの素材に変えるようにしましょう。

なぜ繊維が原因になるのか?

脇の黒ずみには衣類に使用されている化学繊維などが原因となる場合があります。

ですが一体なぜ繊維が脇の黒ずみの原因となってしまうのでしょうか。

それは化学繊維による刺激と摩擦が関係しているのです。

化学繊維は比較的摩擦が起きやすいため、その刺激によって脇が黒ずんでしまうのです。

さらにチクチクするような刺激も少なからず脇の黒ずみの原因となってしまう場合があります。

天然繊維であってもゴワゴワとしている生地になると摩擦による強い刺激が生じる可能性があります。

また天然繊維でも擦れることで肌が乾燥し黒ずみができる場合もあるでしょう。

そのため麻や羊毛にも注意が必要な場合もあるのです。

脇の黒ずみができてしまうのは、肌に刺激が加わることでメラニン色素が生成されてしまうからです。

通常それでも肌が正常な働きをしているのなら、色素沈着などは起こさずそのまま排出されるのですが、乾燥していると肌のターンオーバーが進まず黒ずみとなって残ってしまいます。

このように繊維も黒ずみになる原因となってしまうので、着る服には十分注意が必要です。

おしゃれをすることも大切かもしれませんが脇にピッタリした服を着るときには、できるだけ繊維に注意しましょう。

脇の黒ずみができないように、服のデザインだけではなく使われている繊維にも注目しておしゃれを楽しむようにしてくださいね。

汗脇パットも要注意

脇の黒ずみは衣類の繊維によっても引き起こされてしまいます。

ですが繊維だけに注意していれば良いというわけではありません。

実は使用されている方も多い「汗脇パッド」でも脇の黒ずみができてしまう場合があるのです。

汗脇パッドに使用されている素材ですが、大抵のものはコットンが使用されているでしょう。

ですがコットンを使用しているからといっても、汗を吸った後の汗脇パッドによる摩擦で刺激が起きてしまう可能性もあります。

またコットンではなく化学繊維を使用している場合もあるので、繊維による刺激にも注意が必要です。

さらに汗脇パッドを使うことで、肌に近くなるためコットンを使っているからといっても摩擦が起きる可能性は否定できません。

擦れる回数が多ければ多いほど、脇の黒ずみの原因となってしまいます。

また粘着シートタイプや脇に直接つけてフィットするタイプなどもありますが、これらも刺激になってしまう可能性はあります。

粘着シートの場合は剥がす際に刺激が加わりますし、直接つけるタイプは常に肌に張り付いて擦れる可能性もあるでしょう。

汗脇パッドにも様々な種類がありますが、どのタイプでも使う際には注意が必要となります。

夏は特に使う回数も多くなるでしょうし、夏場に関係なく冬でも使用されている方も多いですよね。

便利だからこそ多く利用されている汗脇パッドにも注意して、脇の黒ずみができないように対処して使用しましょう。